経営はとにかくお金のことが大事

経営コンサルタントとして日々お話しすることです。自営業においても法人においても同様ですが 、サラリーマンと一番大きく違うところは「出て行くお金が多い」ということです。わかりやすいところで言うと、サラリーマンとして毎月もらう30万円と自営業で1ヶ月に稼いだ30万円では全く意味が違います。サラリーマンの場合は色々引かれて結果30万円ですが、自営業の場合はその30万円から色々と引かれていくわけです。会社を起こして一番感じたことが出ていくお金の多さです。会社運営に必要な経費であったり物を販売するための仕入れであったりとにかく出て行くお金が多いのです。

 

さらにそれに税金であったり人件費であったりサラリーマンの時にはまったくなかったこと、すべて会社がやっていてくれたことも自分でやらなければなりません。決算においてもそうです。自分で確定申告をしなければなりません。お金を稼いだ年であっても稼げなかった年であっても同じように確定申告をするのです。 サラリーマンは社会人としての人付き合いが大変だと言いますが、会社経営はとにかくお金の管理が大変です。お金に関する知識であったりリスク管理がしっかりとしている人でないと経営は務まらないということははっきりと言えると思います。