お客様の最適化によるマーケティング

自分が好きな物、得意な物に拘って商売を開発するスタンスの人がいます。いわゆる匠と呼ばれるような人たちは自分の世界を持っており、それに共感する人達が買っていきます。しかし、このような商売ができる人たちというのは限られており、ビジネスを広げていくことを期待することは難しいです。



もし、より広いビジネス展開を考えているのなら、自分(自社)中心の考え方から脱却し、お客様を中心に考えて商品を開発することが大切です。そのためにはしっかりとマーケティングを行って、お客様がどのような商品を求めているのか知ることが重要です。



ただ多様化の時代にあって、お客様を正しく理解するというのは簡単なことではありません。価値観も違えば、ニーズも異なります。そこでマーケティングの効果をあげていくためには、お客様に最適化させていくことが求められます。最適化というのはお客様をひとくくりにするのではなく、お客様ごとに細分化していくことです。緻密な分析となりますが、漠然としたマーケティングでは得られない効果があるでしょう。